オープンソースカンファレンス2015 Hokkaidoに参加

OSC2015do

今年も参加してきました。
オープンソースカンファレンス2015北海道
遅くなってしまったけどざっと復習。

 

プログラミング言語Elixir

(にく氏@Sapporo.beam

Rubyに似た言語。
らしいんだけども、Rubyには(というかスクリプト言語自体)あまりなじみがないので
いちいちほおほおとなる。
逆にいうとElixirならでは、っていう部分を理解するまでにはまだ時間がかかるかな。

パイプ使った書き方はLINQのラムダのように書けそうでちょっと楽しそう。
操作対象の値を関数の第一引数にとるのがElixir Way、らしい。
 

Arduinoで温度を測るところまで

(rarere氏@CLR/H

Arduinoを使って、IC型センサーで温度測定→値をシリアル通信でPCに受け渡し
グラフ表示するところまで。

単純にセンサーから受け取った値を表示するだけでなく、
ソフト側でローパスフィルターを入れるなど、思ったより本格的だった。
しかし直感的に使えそうなIDEで、意外に簡単に始められそう。
 
Arduinoでこんなん作りましたーっていう話を聞くたびに
いいな楽しそうだなと思うものの、なかなか手を出せずにいるんだよなー。
ちょっと凝ったもの作ろうとすると途端に難しくなりそうでw
 

IoT ことはじめ:クラウドサービスにセンサを繋いでみよう。

(坂口 努氏@IoTあるじゃん北海道支部

IoTって何なの?っていうところから、Lチカのデモまで。

IoT(モノのインターネット化)という言葉に関してほぼ知識ゼロだったけど、
言ってみれば既に日常の中でどっぷりIoT的なサービスの恩恵を受けているんじゃないか
と思いました。
ちょっと興味が出てきた。
 
MS社提供のハンズオントレーニングがあるらしいので、まずはちょっとやってみたい。

 

C#/Java & Linux で始める ET ロボコン

(古賀 信哉氏@ET ロボコン北海道地区実行委員会)

ロボコンの話自体は何度か聴いたことがあったけど、
ロボット制御といえばC/C++なイメージだったので、
C#で書けるの?と思って参加。
今年導入のプラットフォームがLinuxで、C#(Mono-Develop)で開発できるらしい。
やばいなー。俄然ほしくなるなー。ロボ。

しかしリアルタイムOSでないとどうしてもスケジューラが正確でない部分があり、
その点はロボット制御においてはけっこうディスアドバンテージになるとのこと。
奥の深いスポーツだ。
 

オープンな世界で広がる創造力 ~美術を学んだ技術者の旅~

(迎山和司氏@函館未来大学 情報アーキテクチャ学科 准教授)

基調講演は函館未来大学の迎山先生。
人工画家、
文化財プロジェクション・マッピング、
移動プラネタリウム。
ワクワクの止まらない講演だった。

「誰でもつくれる」=「誰がつくっても同じ」ではないよという話。
魅力的なものを作るための想像力に、「オープンさ」が必要になるという話。
魅力的なことをやっている人が言うと重みがすごい。
 

最後にホールに集まって閉会式。
年々バラエティ豊かになっていくLTもすごいし、
どんなLTが来ようが圧倒的な包容力で迎え入れる参加者もすごい。
例年にも増して良いイベントでした。

このテンションの上がっているうちに
少し新しいものにも手を出してみたいなと思うところであります。